2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

カテゴリ:エッセー( 5 )

本当によかったですね

2月10日は、たえこ通信を配り、玉川へ。
夕方、八和田地区の「学童保育を作る会」のお母さんたちがご報告に見えました。12月議会で補正予算がとおり、今年の8月末に八和田地区に学童保育ができることになったという報告です。(八和田地区の本多議員と千野議員にも同様の報告に行かれたということです)

小川町には6つの小学校があり、そのうち5つの小学校では公設民営で学童保育があります。私の住む八和田地区(八和田小学校区)には学童保育がなく、隣の小川小学校区にある学童保育「風の子クラブ」に送迎の方をお願いし10人あまりの子どもたちが通っていました。いわば「間借り」していたわけですが、独立し、いよいよ自分たちの学童保育所ができるわけです。

今から20年前、長男が学齢期に達し、放課後をどうするか悩みました。当時の小川町は「学童保育」と名のつく公設のものはなく、夫の職場があった東松山市にある学童保育所に送迎の方をお願いし1年生になった長男を通わせました。次の年に夫が熊谷市に転勤となり、小川町で3人のお母さんが自分たちでお金を出し合い学童保育を始めたという話を聞き、仲間に入れていただくことになりました。小さな、本当に今にも崩れそうな借家を借り、指導員さんをお願いし子どもたちをみていただいているところでした。それでも鍵っ子にはしたくないという必死の思いでした。

「4人の子どもたちと指導員さん1人」からスタートした「学童保育」でしたが、紆余曲折、保護者、当時の役場担当課職員の皆さん、議員の方たち、署名に取り組んで下さった多くの方たちのおかげで小川町に次々と公設民営の学童保育所ができました。
私の子どもたちの通う八和田小学校では、アンケートをとっても学童保育を必要としている家庭は我が家だけで、子どもたちは小川小学校区の学童保育「風の子」に通いました。八和田小学校区で同じ思いを持つお母さんたちを丹念に探し運動していれば、もしかすると八和田地区にも早い時期に学童保育ができたかも知れません。でも当時は自分の子どもをどうするのかで精一杯でとにかく同じ思いを持ち一緒に運動できる、小川小学校区のお母さんたちと学童保育をつくることで精一杯でした。
「八和田小学校に学童保育を作る運動をしなかった。」という未消化な後ろめたい思いがずっとありました。

議員になって間もなくのこと、小川小学校区の学童が満杯で、増設をしてほしいとの声があがりました。お母さんたちが運動し議会でも取り上げられ増設されましたがそれでも70人を超す状態で、スペースが十分ではありません。間借り状態の八和田の子どもたちに、いっそのこと八和田地区にも学童保育を作ろうとお母さんたちが立ち上がり、それはそれは大変なご苦労をされてこの9月に開設の運びとなったわけです。
学童保育を作ることに決まってからは、場所探し、区長さんたちを回り協力のお願い、署名活動、役場担当課に要請とそれはそれは精力的に走り回られました。地域の協力もあり署名は5000筆を超えました。

今回ご報告に見えたお母さんたちも、お1人は子どもさんは、学童卒業、もうお1人は子どもさんが小学校5年生。新しい学童ができても通うのはわずかです。ご自分たちのお子さんは通えなくてもみんなのためになったと本当に喜んでいらっしゃいました。運動したことで役場が動き、自分たちの手で自分たちが必要とする学童保育所ができるという感動はひとしおと思います。私ができなかったことを成し遂げたお母さんたちのパワーに本当に頭が下がります。ほんの少しでもお手伝いができたことが自分への免罪符です。よかったなと心から思いました。
開所式にはぜひ行かせていただきますね。
by y_taeko | 2006-02-12 23:53 | エッセー
民報の1月号が出来ました。(明日アップしよう)
23日は民報の編集作業と夜7時から埼玉土建比企西部支部の旗開きに行きました。今日は午前中に民報の編集作業がやっと終え午後会議に出席。
会議と作業の連続です。3月議会の準備のため資料の収集を少しづつ始めました。12月議会の質問を精査して新たなものを追加していきたいと思います。

ここ何日もライブドア関連のニュースがテレビや新聞をにぎわしています。昨日は堀江社長逮捕のニュースが特別枠を設け放映されていました。堀江氏を時代の寵児のようにもてはやしたマスコミが手のひらを返したように批判しています。改めて「勝ち組」の脆弱さ、砂上の楼閣の中での出来事なのだと思いました。
マスコミの変わり身の早いこと。そして、堀江氏をもてはやし、選挙では大いに利用し、国民に幻想を与え、規制緩和を進めてきた小泉構造改革が何だったのか。ほころびが一気に白日のもとにさらされました。今回の逮捕劇にしても偽装問題にしても根っこは同じです。国会での論戦を期待します。

今日のしんぶん赤旗日刊紙の一面は、「堀江氏逮捕」と「憲法改悪反対の一点で共闘をと日本共産党が社民党に申し入れ」との記事でした。先日、志位さんと福島みずほさんが憲法問題で協力云々の囲み記事を「うんうん」と期待をこめて読みました。正式に党が社民に申し入れとのこと。そうですよね、今こそ、憲法改悪阻止で小異を捨て共闘を進めていくことが必要ですよね。「護憲派」のみなさんが望んでいることだと思います。
by y_taeko | 2006-01-24 23:24 | エッセー

時代のカルテを見ました

2日にご案内いただいたフジテレビ、「時代のカルテ」 障害者の自立を考える(11)〜地域生活に明日はあるか〜  を見ました。(録画でしたが)
退任した尾辻前厚労相がインタビューに答えて、1割負担は財務省の意向であり、介護保険への統合を視野に入れての条例改定であると述べていました。「十分に理解を得られない」中、政省令の内容も詳細が明らかにされていない中、とにかく「改正ありき」ですすめらた障害者「自立支援」法でした。尾辻氏は法案が成立した直後も浮かぬ顔つきで、退任の挨拶も涙ぐんでいました。担当大臣としても後味の悪いものだったのではないかと思います。
映像は1歳から脳性マヒで施設に30年以上暮らし、今は施設を出て24時間サポートしてくれるヘルパーとともにアパート暮らしをしている女性を追っていました。外出は車椅子。その方にとっての「自立」は施設ではなく一人で暮らすこと。
「施設は隔離されている。自分にとって大切なのは、人間らしい生活をすること。施設には戻りたくない」私たちにとってはごく当たり前の生活ですが、「24時間の介護がないと水一杯飲むことが出来ない」その方にとっては24時間の介護者がいることが前提での「自立」なのです。お仕着せでなく「あれが欲しい」ヘルパーとの買い物風景も自己決定する(できる)日常が描かれていました。
今までの支援費制度は、本人の意向を強く尊重するといういわば当たり前の制度でしたが、今回の自立支援法では客観的な基準を重視するということで障害程度区分を設けました。介護保険同様、聞き取り調査をしコンピューターで区分けをし振り分けていくもの。精神に障害を持っている方には判定が低く出てくる恐れもあります。その人がどうしたいのかといった個々にあったサービスが受けられず「人間らしく生きたい」という希望がかなえられるのでしょうか。そして1割負担。障害が重ければ重いほど負担がのしかかってきます。「この生活を続けたい」搾り出すような声が耳に残り暗澹たる思いがしました。
勉強会でもこのテレビでも共通して出されましたが、認定の判定に障害をわかっている人がかかわること、政省令にどれだけ願いを盛り込んでいくのかが今後問われていくものと思われます。もっと勉強していきたいと思います。
by y_taeko | 2005-11-06 21:39 | エッセー

御巣鷹に思う

昨日(11日)は午前中は作成するパンフの打ち合わせ。候補者パンフやハガキ、ポスター作成のお手伝いをすることになりました。
午後は比企広域議会の議案説明会でした。18日比企広域議会です。8月と2月、年2回の議会です。9月議会の一般質問の締め切りが25日。寝不足の日々が続きそうです。夕方久々に街宣に出ました。12日をめどにパンフを発行するということで、ある程度形にしたいと作業をし、ふと気がつけば1時過ぎていました。
今朝は日曜版を配った後、地区委員会に行き、帰ってきたのが午後8時半過ぎでした。どの地区でも目の回る忙しさでしょうか。
帰宅後、何気なくテレビのスイッチを入れたら、今日は8月12日、今から20年前、520名の命が御巣鷹山に消えた日航機墜落事故の特集を放映していました。
あの日のことは今でも忘れられません。泊まり先の沖縄で訃報を知りました。チーフの部屋に皆で集まりおろおろしながら、じっとテレビを見入っていました。私たちのグループも事故の2時間前、東京→大阪の便を飛びました。事故の大きさに呆然とし、乗務員リストに何人も見知った名前を見つけ涙が止まりませんでした。あまりにも多くの人命がうばわれ、私たち社員はご遺族の方々にどうお詫びしたらよいのか、身も縮む思いでした。
「御巣鷹は安全運行の原点」として組合主催で慰霊登山が毎年行われました。私も長男と登りました。亡くなった場所を示す碑が登るにつれあちらこちらとばら撒かれるように点在していました。こんなところでなくなられたのかと沢の奥の碑を見つけ合掌しました。本来ならば、まっとう出来る命が途中でブッツリと切り取られる無念さはいかばかりかと申し訳ない思いでいっぱいになりました。
当時、私の所属していた客乗組合は安全運行のための諸要求を掲げ、労働条件の向上や賃上げも含めストライキ権を立て会社と闘っていました。組合が分裂させられ小さくなるにつれ、合理化され安全よりも効率化が先行して行ったような気がします。ここ数年、特に最近立て続けにおきている日航機のトラブル。今夜も福岡でエンジントラブルがあったということです。
かつて籍を置いたものとしては胸が痛みます。
by y_taeko | 2005-08-12 23:48 | エッセー
今朝ご近所にビラまきに行きました。「ビラまきおばさん」がまだ続いています。午前中は役場ロビーで本多議員と議員団会議。夕方、笠原前町議としんぶん赤旗の購読のお願いに行きました。
以前も書きましたが、私は紫外線アレルギーで、特に紫外線の強い春から夏場は長時間の外出は日が高くなる前の早朝か、日が翳ってきた夕方に限られてきます。勢いでつい調子に乗って跳ねまわっているとその時はよいのですが、翌日、「これが私?」と思うほど顔が腫れあがってしまいます。情けないことです。
お隣の嵐山町にある歴史資料館の裏手に、ヤマユリが自生しています。知人からその話を聞き、数年前から時期になると車を走らせ会いに行きます。丁度夏休みが始まる7月20日ごろが見ごろになります。ふと気がつくと今年は時期を逸していました。職員の方が手入れをされ「ヤマユリ日記」を発信されていますが、ヤマユリの花が見られるのは明日、明後日が最後となりそうとのことです。ひまを見つけ可憐なヤマユリに会いに行きましょうか。
by y_taeko | 2005-07-29 23:40 | エッセー