2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2005年 09月 ( 14 )   > この月の画像一覧

母子交流会に行きました

母子交流会に行きました。
小川町には「愛育会」の組織があり地区によって全戸加入しています。八和田地区では全戸加入で、地域で役員が選出されています。町からも助成金が出ており、町の委託を受け母子交流事業を行っています。
「こどもたちとみんなで遊んだり、お母さん同士の交流の場として参加してみませんか?」案内チラシが回覧で回ってきます。八和田地区では2ヶ月に1度の割合で、八和田公民館で開催されています。
小さな子どもを持ったお母さんたちから直接お話を伺う機会を持ちたいと思い、愛育会の支部長さんに見学をお願いしていましたが、今回日程が合い初めて参加させていただきました。
公民館のホールにビニール製のござを敷きつめブロックやおもちゃを広げ、おかあさんたちの来場を待ちます。担当は保育士さんと保健センターの保健士さん。愛育会の役員さんがお手伝いとして入り、およそ20組の母子が集まりました。子どもたちは、思い思いのおもちゃで遊び、子どもの相手をしながらお母さん同士おしゃべりに花が咲いています。2、3人会話に参加されていない方がいましたが、伺うと今日始めて参加したという方たちでした。おもちゃを片付け、保育士さんの指導で親子で体を使ったリズム遊びをし、おやつを食べて1時間半の交流会が終了しました。「会」が終わって保育士さん、保健士さん、愛育会の役員さんを交え、意見交換することが出来ました。
母子交流事業は他の地区でも行われています。保健士さんのお話では八和田だけでなく他の地区でも何組か同じ顔ぶれを見るということです。お母さんたち同士情報交換し誘い合ってこられるようです。少し前に「公園デビュー」という言葉が流行りました。近所に子どもがいなくなり、親子ともども交流の場が求められているのだなと思います。初めて参加されたお母さんたちも2度3度と参加すると顔なじみが出来、話の輪に加わっているようですよとのお話でした。
保健センターでも子育てサークルがあるようですが、まだまだ親子2人で家に閉じこもりのお母さんたちもいらっしゃるようです。様々な形で交流の場が広がるといいなと思います。場の提供と情報の提供が必要だと思います。また機会を見つけ参加させていただきたいとお願いしてきました。
夕方、白川さんとしんぶん赤旗の購読をお願いに行きました。
by y_taeko | 2005-09-30 10:22 | 議員活動

定時制再編計画について

 昨年の9月議会で埼玉県の「21世紀いきいきハイスクール推進計画」について質問しました。 小川高校定時制の再編整備計画について、県から町に何らかの問い合わせ又は情報提供があったのか聞きました。問い合わせなど一切ないとのことでしたが、今年度も後期再編整備計画第2次案 が、10月から11月にかけて発表があります。心配する学校関係者、保護者の方たちの声を受け27日に町に確認に行きました。
町長と教育長に確認しましたが、27日現在問い合わせなどは、ないとのことです。

 この計画は、定時制高校については、平成25年までに33校を13校に減らすことを目標にしています。県は定時制の使命は設立当初と変わってきているという認識です。確かに経済的には豊かになったかもしれません。しかし、豊かさの中で生き方が不器用な子、精神的に弱い子どもたちがはじき飛ばされています。自分で自覚してあるいは薦められて子どもたちは、その悩みの解決を求めるために定時制に入学してきます。そして少人数のアットホームなふれあいの中で少しずつ心を開き、教師も含めた大人との係わりや人間同士の信頼関係を取り戻し、自分の居場所を見つけていきます。いつの時代でもその時代の事情を背負い定時制高校があるのではないかと思います。
いずれにしろ対象となれば、地元にかならず説明会があるということです。今後とも情報を収集したいと思います。

 昨日は午前中は「主婦業」に専念し、新聞の集金をしながら、購読のお願いに行きました。夜「たえこ通信」の第1号の原稿を書きました。以前から活動報告を発信したいと思っていましたが、どういうスタイルにするのか迷っていました。西後援会と一緒に会報として出していくことになりました。とにかく共産党を知ってもらうことがまず大切です。少しずつ手渡しして読んで下さる方を増やしていこうと思います。(PDFにしてホームページにも掲載しました)

 26日の全員協議会で、町税滞納による差し押さえ財産を公売することについて説明がありました。文教地域に指定されているところですが、産廃業者に狙われないのか気になるところです。

 昨日のしんぶん赤旗に音楽分野で「九条の会」が結成されたとのニュースがありました。池辺晋一郎さん(作曲家)日下部吉彦さん(音楽評論家)を世話人代表に1062人が賛同し草の根でコンサートを開き、1万人、10万人の会にしていきたいとのことです。
様々な分野で九条の会が発足しています。「音楽・九条の会」のほか、「建設人・九条の会/九条の会・医療者の会/映画人九条の会/九条科学者の会/九条歌人の会/九条の会・詩人の輪/宗教者九条の輪/障害者・患者九条の会/女性「九条の会」/スポーツ9条の会/俳人「九条の会」/九条美術の会/マスコミ九条の会などが発足しています。  
by y_taeko | 2005-09-29 08:56 | 議員活動

9月議会が終わりました

9月議会が26日に終わりました。最終日に議案78号「監査委員の選任について」が追加され、厚生文教常任委員会に付託されていた請願4号「石綿暴露対策を国に求める請願」の審査が全員一致で採択されました。議員提出議案3号として意見書が国に提出されることになります。
各常任委員会に付託されていた一般会計及び特別会計決算について、日本共産党は一般会計決算(本多議員が反対討論)と国保特別会計決算(私が反対討論)に反対しました。また、議案78号「監査委員の選任について」は原案に反対(反対6)しました。すべての議案が可決されました。9月議会報告としてホームページに掲載したいと思います。(なるべく早い時期に)

「お風呂の側から庭に出られ、涼めるように出来ないか」という住民要望があり25日にパトリアに行き実際に風呂に入ってきました。湯船とサウナがあり外に出るためのスペースを取るのは無理があるというのが実感でしたが、議会終了後パトリアに行き話を聞きました。
担当の方が風呂場に同行してくださり一緒に話しをしながら検討したのですが、やはり外に出る通路を作ることは、スペース的に無理があり、また湯船から直接外に出るということもむずかしいこと、庭に面して全面ガラス張りの壁面となっていて、仮に一部をこわして通路を作るとしても工事には膨大な費用がかかるであろうこと、また庭も砂利敷きで、行き来した場合の砂対策などはどうするのかといった問題が多々あります。既存に露天風呂などがあれば話は違うのでしょうが、現在の財政状況の中で大工事はむずかしいということです。ただ住民の声があったことは受け止めていただきました。
先日、入浴したとき感じたのですが、高齢者の方が湯船に入る時、入浴を補助するパイプの位置について反対側にもつけることの検討をお願いしました。
5時半から課長、議員の懇親会があり出席しました。

ニュースで小泉首相の所信表明演説を見ました。郵政民営化について「国民は『正論』であるとの審判をくだした」と強調し、今国会で法案成立させるとしています。議席数と国民の総意は違います。
与党自民・公明と民営化法案に反対を表明した共産、社民、民主、新党日本、国民新党の比例での得票数は与党より上回っています。3451万票(51.5%)対3254万票(48.5%)です。
国会の論戦に期待します。
by y_taeko | 2005-09-27 11:24 | 議員活動
昨日は娘が文化祭の準備で学校に行ってしまい、夫婦二人で夫の実家にお墓参りに行きました。
息子たちが成長し、家を出て行き、家族5人でにぎやかに出かけることが無くなりました。娘が大学に入れば夫婦二人の時間が増えていきます。「老い」の準備を始めるのかなと少し寂しくなります。
今日は笠原さんに誘われ年金者組合の会合に出かけました。議題を決めずフリートーキング。
選挙結果について、若者の雇用の問題、年金の問題、介護の問題など白熱、,2時間があっという間に過ぎました。戦争をはさみ日本が貧しかった時代から高度経済成長に向かう時期に青年時代を送った方たち。あの頃は学生運動に、組合活動に若い人たちが真剣に政治を語る、政治的訓練を受けた時代でした。団塊の世代ぐらいの方たちをピークに急速にその流れが退潮していきました。「組合に結集」といっても労働組合が形骸化し、その組合に入る人も少なくなりました。派遣やパート、様々な採用形態の人たちが一緒に働いていますが、一人ひとりは、ばらばらにされています。
何とか若い人たちに働きかけたいねと昔の青年たちは血気盛ん、お元気です。
by y_taeko | 2005-09-24 23:52 | 議員活動

やっと民報が出せました

民報9月号が出来ました。
本来であれば選挙中に8月号を出し、9月早々に9月号を出すはずだったのですが、選挙と9月議会が重なり、技量の伴わない編集者としては「旬」の情報にならず反省しています。
9月議会報告編も直ぐに取りかからなければなりません。
隣の嵐山町の先輩議員、清水正之議員が議長に選出されました。嵐山町の職員出身の清水議員には、議会の度にいつも声をかけてもらい、時に応じたアドバイスをいただいています。選挙後、少し落ち込んでいた比企議員団に明るいニュースになりました。
今日は日刊紙の配達でした。夜が明けるのが日に日に遅くなっていくのがわかります。暗闇の中、キンモクセイの甘い香りがしました。
彼岸花が咲き始めました。今日は、時折小雨がぱらつき、煙雨の中、群生しているのを見つけ思わず車を下り、シャッターを切りました。
e0033569_0244173.jpg

by y_taeko | 2005-09-22 23:54 | 議員活動

愛知万博に行きました

17日の夜東京に泊まり、18日早朝の新幹線に乗りました。万博八草会場駅からリニアモーターカー5分で万博会場駅に着くはずなのですが、リニモに乗るのに1時間待ち、入場に1時間待ち、そして会場に入れば人気パピリオンに入るのに3時間待ち。
新聞によると当日は過去最高の28万人の人出だったそうです。赤ちゃんからお年寄りまで炎天下の中、暴動も起こらず整然と並ぶ日本人。いろんな意味ですごいなぁと思いました。
3時間待っても見る価値があるのか。長久手日本館だけはあらかじめ息子が事前予約をしてくれていてすぐ入れましたが、疑問に思いました。多分「3時間並んで見た」ということに意義があるのでしょうね。見てみたいと思うパピリオンもありましたが、とても3時間も並ぶことができず、周辺の散策コースを散歩したり、並ばず入れたベトナム館とトルコ館に入り、引き上げることにしました。e0033569_10534846.jpg
待っている間に何回も救急車のサイレンを聞きました。体調を崩す方もいらっしゃるのでしょう。会場のいたるところにAEDが設置されていました。100台が設置されたということですが、期間中3人の方が命をとりとめられているとのことです。
新幹線の中で民主代表に管氏を破り前原氏が就任するとの記事を読みました。他党のことですが、松下政経塾出身の前原氏の経歴や言動を見るとタカ派的な言動が多く改憲に民主党が大きく進むのではないか、甘いマスクの裏に小泉首相と同じ匂いを感じ、行き着くところは同じ戦争の道ではないかと懸念します。
by y_taeko | 2005-09-20 09:59 |
e0033569_736588.jpg

昨日、町内の小学校で一斉に運動会が開かれました。私の住む地区には二つの小学校があります。ご案内かあり午前、午後と掛け持ちで見せて頂きました。二つの小学校とも一クラスないしは二クラスの小規模校です。学年全員が並んでも校庭が広く感じます。一年生と六年生の背の高さの差が大人とこども以上に大きく並んで立っているとほほえましく、6年間という時間の長さを思いました。身のまわりのことがやっとの子から思春期の入り口、悩める年頃のこども達まで小学校の6年間は乳児期に次、こどもの成長の変化の激しい時期です。先生方のご苦労も多いことでしょう。
私はこどもの頃運動会は嫌いでした。どんなに頑張っても徒競走で4等以上になったことがなかったからです。一生懸命やっても出来ないことがあるのだと最初に気付いた経験です。人それぞれ持って生まれた能力があり努力に努力を重ねても追い付かないことが、その後も多々ありました。今はこうありたいと努力する過程が大切だと思っていますが、せつない思いをずいぶん味わいました。そんなことを考えながらこどもたちの成長ぶりを見ていました。
図書館で映画を見ました。小川町には私も参加している「シネマサークルおがわ」と「銀映座」の2つの映画サークルがあります。銀映座は過去にも同様の取り組みをしていますが、日本映画学校の卒業作品を2本取り上げ上映後、制作スタッフと懇談するという企画です。最初の映画は、運動会の関係で半分しか見られませんでしたが、両作品とも粗削りではありましたが、若い感性がみずみずしく好感の持てるものでした。私は人間を肯定する映画が好きです。
今、新幹線からメールしています。長男が、仕事で関わったということで愛知万博のチケットをくれました。夫と遅い夏休みです。
by y_taeko | 2005-09-18 07:36 | 議員活動
昨日、厚生文教常任委員会に付託された部分の決算審議が終わりました。私は国民健康保険特別会計と一般会計決算に反対し、討論しました。結果は4対1の賛成多数で決定され、26日の本会議で結果が報告され全議員で採決されます。合わせて、付託されていた請願(石綿曝露対策を求める請願書 埼玉土建一般労働組合比企西部支部長 大沢一夫氏その他)が審議され委員全員一致で採択され意見書案が作成されました。こちらも同様に26日委員長報告の後採決されます。
選挙もあり、ここ数日で集中して決算書と格闘したので心身ともぼろぼろになりました。今日議会報の原稿をメールで送りホッとした所です。机の周りは、過去3年間の予算書と決算書や資料、新聞が散乱し、目を覆うばかりです。ひとつの物事に集中すると他のことがすべて止まってしまいます。
今日のしんぶん赤旗に「小泉政権早くも増税宣言」との見出しで
谷垣禎一財務相が13日の記者会見で定率減税について「整理する必要がある」として2006年度税制「改正」で全廃する方向で議論。消費税についても2007年度税制「改正」の中で「消費税等々も考えていこうということ」と述べ、税率引き上げを検討することを明らかにした。 
とありました。やっぱりねー。「改革を止めるな」は庶民増税の「改革を止めるな」だったんですよねー。時間が経つにつれ国民も冷静になり自分たちの選択を後悔するのでしょうが。やはり悔しいです。
反対討論を掲載しました。時間の許す方はごらんください。

More
by y_taeko | 2005-09-15 14:43 | 議会

選挙の結果が出ました

こんなはずではと選挙結果に驚いている方も多いと思います。小選挙区制のひずみが顕著に現れたのではないでしょうか。
一連の「ヨン様ブーム」と比較するのはおかしいのかもしれませんが、「ブームに乗ってしまう」日本人ってそんな国民性だったんでしょうか。なんでも通ってしまう独裁型政治が始まります。平和が脅かされることを一番懸念しています。増税、社会保障、改憲、国民は白紙委任したわけではないと思います。
結果は真摯に受け止めなければなりませんが、「確かな野党」が改めて必要だと思います。
議会は一般会計の決算説明が終了し各常任委員会に審議の付託、今日は特別会計(国民健康保険、介護保険、老人保健、水道、下水道)の決算説明があり、常任委員会に審議が付託されます。いつもは2~3日余裕があるのですが、今回は明日、明後日と厚生文教常任委員会です。今朝も早起きして決算書と首っ引きです。
by y_taeko | 2005-09-12 06:53 | 選挙

議案審議が始まります

昨日で一般質問がすべて終了しました。環境、福祉、観光、街づくり各議員でそれぞれいろいろな切り口がありましたが、全体を通じて政策提言が多かったように思います。新しいシステムで議員の側でも進行に不慣れな展もありましたが、論議を活発化させるために、慣例を見直すことも必要かと思いました。
本会議終了後全員協議会。本多議員が一般質問でも取り上げていましたが、小川町にあるアスベストを使用した製品を製造していた会社が、8月一杯でアスベストを使用することをやめたという報告がありました。従業員や周辺地域での影響は現在ないということです。「静かなる時限爆弾」といわれるアスベスト。住民の皆さんの不安に応える施策が求められてきます。
議員同士の親睦をはかる目的で議員全員が入会する「議員倶楽部」があります。各地区から議員が一人づつ持ち回りで選出され、今回私が幹事になりました。
恒例で議会最終日終了後、執行部と議員で懇親会を開きます。3月、9月の予算・決算議会は三役と各課長、6月、12月は三役のみです。もちろん自費で、公費は一切出ていません。
私は議員になって始めての9月議会に顔合わせの意味で参加させていただきましたが、それ以降は参加していません。
理由は、「親睦を兼ねた意見交流の場」という位置づけだと言うことですが、議会と執行部はチェックする側とされる側であり、議会終了ごとに「酒を酌み交わす」というのはいかがなものかということ、「酒」を媒体に心を割って話し合うということはもちろん日常生活の中にあります。私たちも懇親会にお呼びいただくことが多く都合のつく限り参加させていただいています。
しかし、議員と執行部という関係に当てはめてもいいのか、住民の目にどう映るか、意見交換をすることが目的であれば茶話会でよいのではないか、また住民要望を実現するためには「議会の場」があり、そのための情報収集は役場内でいつでも可能である、議員倶楽部・課長会共催で、半ば出席することに「協力」を求める席に「接待係」を用意するのはいかがなものか、バブル時代であればいざ知らず住民の生活が大変な中、大挙して酒席を挙げることを住民は好意的に見るだろうかなど毎回意見を述べ出席は辞退していました。
現実として今回も恒例で行われていることであり、幹事という立場の私が、出席をしないことは他の幹事に迷惑をかけることであり、出席させていただくことにしました。
公費が一切使われていないことで過去には党の議員も出席しています。しかし慣例は時代の流れで見直す必要もあるのではないでしょうか。今後、全協でも廃止を含め前向きに検討してもらいたいと意見を述べ参加することにします。本多議員も同様に私が議員になってから参加されていませんでしたが、今回は全議員が参加することとなりました。
by y_taeko | 2005-09-08 08:37 | 議員活動