2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2006年 01月 ( 14 )   > この月の画像一覧

お誕生日おめでとう

昨日は娘の17回目の誕生日でした。
17歳か~。それなりに悩みもあるのでしょうが、毎日楽しそうに学校に通っています。無限の可能性があるような若さがまぶしくうらやましいです。
お腹の中で一番元気がよく、すっかり男の子だと思いこんでいました。さすがに3男坊は元気に自己主張をしておるわいと男の子3人との、組つほぐれつの生活を覚悟していましたが、看護婦(師)さんに「女の子ですよ。」と言われた時にはびっくりしました。
入院した病院の窓の下は中学校の通学路です。今まで全く視野に入っていなかった女子中学生のコート姿がとても新鮮に映りました。彼女たちの通学風景と出産後初めて私の手許に戻ってきた娘の10数年後の姿を重ね合わせ、うれしさがこみ上げてきた時のことを思い出しました。彼女がこれからもつらい思いや悲しい思いをすることのないようにと祈っています。

26日はさくらぎ苑に相談員で行きました。夜は玉川の選対会議に出席。
今日は議会準備のため役場にヒヤリングに行きました。3月議会は2月28日が開会日です。
匿名の電話があり、該当の事業所に事情を聞きに伺いました。善処して頂けるということです。夜、県党会議。
by y_taeko | 2006-01-27 23:46 | 家族のこと
民報の1月号が出来ました。(明日アップしよう)
23日は民報の編集作業と夜7時から埼玉土建比企西部支部の旗開きに行きました。今日は午前中に民報の編集作業がやっと終え午後会議に出席。
会議と作業の連続です。3月議会の準備のため資料の収集を少しづつ始めました。12月議会の質問を精査して新たなものを追加していきたいと思います。

ここ何日もライブドア関連のニュースがテレビや新聞をにぎわしています。昨日は堀江社長逮捕のニュースが特別枠を設け放映されていました。堀江氏を時代の寵児のようにもてはやしたマスコミが手のひらを返したように批判しています。改めて「勝ち組」の脆弱さ、砂上の楼閣の中での出来事なのだと思いました。
マスコミの変わり身の早いこと。そして、堀江氏をもてはやし、選挙では大いに利用し、国民に幻想を与え、規制緩和を進めてきた小泉構造改革が何だったのか。ほころびが一気に白日のもとにさらされました。今回の逮捕劇にしても偽装問題にしても根っこは同じです。国会での論戦を期待します。

今日のしんぶん赤旗日刊紙の一面は、「堀江氏逮捕」と「憲法改悪反対の一点で共闘をと日本共産党が社民党に申し入れ」との記事でした。先日、志位さんと福島みずほさんが憲法問題で協力云々の囲み記事を「うんうん」と期待をこめて読みました。正式に党が社民に申し入れとのこと。そうですよね、今こそ、憲法改悪阻止で小異を捨て共闘を進めていくことが必要ですよね。「護憲派」のみなさんが望んでいることだと思います。
by y_taeko | 2006-01-24 23:24 | エッセー

山がなくなりました

昨日は休みをもらい家に引きこもり、終日新聞の切り抜きをしました。あとでじっくりと読もうと思っていた記事などを切り抜き2ヶ月あまり積み上げていた山がなくなりました。
3月議会の用意をそろそろ始めなければなりません。
地方紙は他町村の話題や施策などが掲載されており、我が町と比較したり参考になります。赤旗の日刊紙で国の施策や問題点など深く掘り下げた記事は他紙の追従を許さないもので、勉強することばかりです。国の施策が小川町にどう影響していくのか。自治体として住民サービスをどう守るのか、どう反映していくのか。問うていかなければ。住民のみなさんのお話なども聞き一般質問の準備したいと思います。
by y_taeko | 2006-01-23 09:23 | 議員活動

博士の愛した数式

今日は、おがわ町9条の会の憲法勉強会に参加したあと、「博士の愛した数式」を見てきました。透明感のある清々しい映画でした。
社会学を勉強している次男にいわせると現代の男女の描き方は年齢差のある男性と女性の友情とも愛情ともつかぬプラトニックな関係が多いということです。「男女」の関係が昇華されてきたのか、はたまた希薄になってきたのか。
博士か義姉か若い家政婦か息子のルートか。作品の中のどの人のスタンスに立つか。見方によっては誰もが物語の主人公となりえます。いずれにせよ人間同士のふれあい、心の交流を描いた映画でした。

19、20日と玉川でした。19日は浦和で議員研修。14日に終了した24回大会決議を受けて増子前県委員長の最後の講義です。不破議長、そして増子前県委員長とおなじみの顔が交代となり、さびしくなります。7時から玉川にもどり選対会議。20日は朝からお手伝いです。

話は変わって米国産牛肉が再び輸入禁止となりました。危険部位が混入された疑いありとのことです。輸入再開は「アメリカの圧力」でした。(輸入再開の答申をした食品安全委員会は腰が引けていました。)消費者の不安は増すばかりです。
小川町の学校給食では牛肉は使われていません。以前学校給食運営委員会の委員をやっていたとき確認しました。(12月議会でも森田議員が確認しています)今後とも子どもたちの食の安全を守っていただきたいと思います。
by y_taeko | 2006-01-21 23:00 | 映画

よかったー

昨日は朝起きてお手洗いに立ったら、猛烈に頭が割れるように痛くて七転八倒。救急車を呼ぶのは少しためらわれ、痛み止めを飲んでから、夫に連れられて関東脳外科に行きました。
レントゲンを撮ってCT、おまけにMRI検査までやってもらい結果は「異常なし。」一時は、年齢的にも合い、くも膜下出血の前兆かと心配したのですが。
「緊張性頭痛」ということでした。運動不足の上同じ姿勢でパソコンなど使って仕事をしているとそんなこともあるようです。そういえばこのところパソコンを一日中使用していることが多かった。目も疲れていました。15日も知らず知らずに緊張してストレスだったようです。おかげで自分の頭の中身も覗くことができたし(まだ大丈夫そうでした)MRI検査とはどういうものか体験することができました。でも検査料8000何がしは痛かったです。
今日は小川民報の編集会議の後、玉川へ。夜は比企労連の旗開きに行きました。今年で結成15周年ということです。
「みんなでつくろう、もうひとつの日本~働く仲間が元気の出る社会~」として賃金闘争と公務員削減・賃下げ攻撃に対する闘争をこの春闘に組みました。すべての働く人たちの連帯と平和と憲法を守る春闘統一行動の提起。各組合のみなさんの挨拶や歌ありかくし芸あり。最後はがんばろうの歌と「団結がんばろう」で締めくくり、闘う組合は元気だなと思いました。
by y_taeko | 2006-01-18 22:24 | 議員活動

お知らせ

おがわ町9条の会が資料集を発行しましたのでお知らせします。
by y_taeko | 2006-01-16 23:32 | 平和と憲法
e0033569_13561539.jpg昨日行われた「憲法と私たちの暮らしを考える集い」には70名あまりの方が集まりました。
第1部の問題提起
「改憲論 9条をどうしようとしているのか」 改憲論に見る「戦争放棄」と「安全保障」~自民党草案から~
は、おがわ町9条の会会員で自由の森学園講師の渡辺礼一さんが、現憲法と自民党草案とを比較しながら、
現憲法の「戦争放棄」を自民党案では「安全保障」とし特に9条の2・3で自衛軍を明記し任務の中で、「法律の定めるところにより・・・公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るため活動を行うことができる。」と規定している点について
「自由を守る」という名目でイラク戦争にしてもしかり、アメリカが過去様々な戦争を起こしていること、日本がアメリカと共にすぐにでも戦争できる国家になる危険性や第3章「国民の権利及び義務」の中で13条(個人の尊重等)の権利の行使について現憲法の「公共の福祉に反しない限り」に対して自民党草案の「公益及び公の秩序に反しない限り」の似て非なる意味の違い、20条信教の自由で自民党草案が「社会的儀礼又は習俗的好意の範囲を超える・・」という部分を付け加え靖国参拝を文字通り「合憲」としょうとしていること、憲法改正のハードルを低くすることや軍事裁判所の設置などを明記していることなどを指摘、問題点を整理し提起しました。

第2部の女性フォーラムでは
従軍看護婦として当時の中国北支に応召されていたた山下さんの体験談。勤めていた病院で「玉音放送」を聴き、職場の雰囲気がみるみるうちに変化していき(下働きや雑用係として働いていた中国人と関係が険悪化)先導者とともにその日のうちに逃げるように病院を立ち去っていく話などは、力で中国の人たちを抑圧していた日本と中国の関係が身近な一つの例としてよくわかりました。、

小川町3人の女性議員のお話は、
杉田議員は、身近にいた心に傷を持つ戦争体験者についての思い出や聞いた話を中心に党派を超えて憲法9条を守るという一致点で行動してい来ましょうという呼びかけ、森田議員は、戦争はなぜ起きるのか資料をもとに話をされフランクパブロフの「茶色の朝」について述べ大切なことは思考停止にならないこと疑問や違和感を大切にし勇気をもって発言し、行動することを訴えました。私は20分という限られた中で気負わず話ができたかなと思います。(私の発言全文はは最後に記載しました)

第3部はフリートーク 
質問や意見もふくめ、どうしたら運動を広げていけるのかなど意見交換がされました。集会のあと懇親会を開き盛会を喜びあい今後こんなことしたいねといった話に花が咲きました。とてもいい半日が過ごせたかなと思います。
私の発言は次のとおりです

More
by y_taeko | 2006-01-16 13:12 | 平和と憲法

ドキドキです

昨日夕方からの雨が上がり今朝はすっきりと晴れ上がっています。カラカラに乾いていましたのでいいお湿りでしたが、農作物にとってはまだまだ不足のようです。スーパーでキャベツが388円というのにはひっくり返りそうになりましたが、雪と水不足。うまくいかないものですね。
13日は入院した友人をお見舞いにいき、午後5時半から駅頭で最後の15日「9条の会」お誘いビラまきに参加しました。今回も11人の参加があり、盛況でした。(共産党のビラまきのときもこのくらい集まるといいなー)
高校生が随分受け取ってくれました。「あなたの問題よ」と声をかけられ、ビラに見入る子もいました。
1時間ほどで用意したビラが終わり解散。7時から玉川の選対会議に出席しました。私の担当の仕事量の多さにめまいがしそうです。
14日は原稿書きに集中。いつもぎりぎりにならないとできない。小学校以来のだめな性格です。
大会は録画で見ればいいかなとパスしてしまいました。6時から日朝協会の総会に出席。
今日はどんなお話をしようかと悩みました。お話したいことは沢山あるのですが、いただいた時間は20分。あまり背伸びせずブログなどで書き溜めたものと議員という立場でもあり少し資料などで勉強したことなどお話したいと思います。原稿は書いたのですが、ドキドキです。
by y_taeko | 2006-01-15 08:41 | 議員活動
昨日は終日15日にお話するための資料や本を読んだり、PCで大会の中継など見たりして過ごし、夕方比企地区労の旗開きにお招きいただき出席しました。共産党からは本多議員と嵐山町の川口議員が参加し、代表して私がご挨拶させていただきました。

決議案にもありましたが、小泉内閣の構造改革としての考え方に共通するのは国民の中に対立をつくり「分断」をはかっていることです。公務員労働者と民間労働者、現役世代と高齢者、労働者と自営業者、働く女性と専業主婦、組織された労働者と未組織労働者など意図的に対立を作り国民を分断しようとしています。

小さな政府の掛け声で進められている公務員攻撃の狙いは、住民サービスの切捨てと共に民間労働者との賃下げ競争を加速させ、さらに大増税への地ならしにあります。これらの事実を知らしめることとあらゆる分野の方たちと連帯し分断を跳ね返していくことが必要です。今年の春闘では、12年ぶりに私鉄総連が賃上げ要求実現へ、ストライキを設定してたたかうと表明したということです。臆することなくがんばっていただきたいと思います。

今日は午前中は原稿を書き、午後ビラまきをしました。来年の参議院選挙に向けあやべ澄子さんの紹介パンフです。
e0033569_041178.jpg
党中央の発行している月刊誌「女性のひろば」2月号の特集は憲法。「ワイド版問答 9条、そこが知りたかった」の記事がとてもわかりやすくおすすめです。協力が松竹伸幸さんです。以前憲法問題について検索していて松竹さんのホームページを見つけ資料や論文を読みにときどき訪問していました。さすがねーと一方的に知っているだけなのですが、うれしくなりました。
by y_taeko | 2006-01-12 23:59 | 平和と憲法

早朝ビラまきです

今朝は6時から7時41分の電車を見送るまでおがわ町9条の会でビラまきがあり参加しました。全部で10名の参加。女性役員さんが作った桃太郎旗を持って元気に配布。民報の早朝ビラまきの時は、本多議員と2人の時が多いのですか、大勢だとビラをまくのも楽しくなります。13日午後5時半からも駅頭ビラがあります。
午後、比企地域議員団で新年会。残念ながら全員参加ではありませんでしたが、野原さんの勝利に向けがんばろうと誓い合いました。
by y_taeko | 2006-01-10 22:58 | 平和と憲法