2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2006年 04月 ( 12 )   > この月の画像一覧

学童保育について

昨日は嵐山町の志賀小学校内にある学童保育「てんとう虫」と嵐山町役場の健康福祉課をお訪ねしました。学校の余裕教室を使った学童保育所を見せていただくことと担当職員にお話を伺うことが目的です。
公立学校は、国の補助金を受けて建設されているため学校施設を目的外に利用する場合、文部大臣の承認や納付金の返還が必要とされていました。平成3年平成7年の改正により社会教育施設,社会体育施設,文化施設,学童保育施設,社旗福祉施設、保育所などに余裕教室を活用することができるようになり、平成9年11月、余裕教室の一層の活用を図るため,財産処分手続を全面改正して手続の簡素化(承認から報告へ)をはかり、10年を経過した学校施設の公共用又は公用施設への無償による転用は,納付金が不要であることを明文化し、地域の実情等に応じて余裕教室を学校以外の施設へ転用することを促進することとしました。
2年半前に小川小学校区学童保育「風の子」の増設に際して余裕教室の学童への転用も話し合われましたが、小川町では余裕教室(学校使用以外の転用の)はないという認識で、既存の学童保育を増設することになりました。(増設はあったものの現在では満杯状態です。)
嵐山町では平成11年、「余裕教室活用促進事業」(4分の3補助、町の持ち出しは4分の1)を利用し、志賀小学校内の2教室を財産処分し学童保育「てんとう虫」を作りました。
出入り口を新たにつくり、煮炊きするためのガスの配管や電気工事、水道など水周りやトイレの設置などを行い学校と隔離した全く別の施設となっています。(2階部分は6年生の教室となっていますが)学童の前が学校の中庭となっているためランドセルをおいた子どもたちは部屋や中庭で遊んでいます。部屋から見通せるので指導員は部屋にいても見守ることができます。校庭の利用は目が届かないため指導員とともに一緒に全員で出て遊ぶという約束になっています。1年生から6年生まで現在64人の子ども達が通っています。
嵐山町には他に3つ小学校があります。その一つ管谷小学校では、既存の学童保育がマンモス化し第2学童が必要とされていますがその際もこの方式にすることについては学校側から了承されているということです。
工期が短く工費も安価です。少子化でクラス数も減少しています。「余裕教室」の概念をどうとらえるかで小川町でも学童保育の増室が可能だと思いますが。
参考
財産処分手続の改正について (平成9年11月20日付け文部省教育助成局長通知)
余裕教室活用のためのQ&A 第2次改訂
埼玉県放課後児童クラブ運営基準
by y_taeko | 2006-04-26 10:03 | 調査・研究

ノーといえないの?

大激戦の末沖縄市長選では、日本共産党、社民党、社大党、民主党など5党が推薦する革新無所属の東門みつこ氏が当選。合併した新しい岩国市の市長に先の住民投票で艦載機移転を問うた旧岩国市長の井原氏が当選しました。
アメリカ言いなりではなくきちんとものを言っていこうとする動きが地方から湧き上がっているのに比べ政府のアメリカに対する大幅な譲歩、弱腰な態度は何なのでしょうか。同日、国は米軍のグアム移転費用の59%(7100億円)を負担することに合意しました。在日米軍再編関連の総額では2兆円を超えるということです。グアムの基地強化はアメリカの軍事戦略の一環であるのになぜ日本が負担しなければならないのでしょうか。納得がいくよう国民に説明して欲しいと思います。

春日部市と秩父市の選挙で共産党の候補者が全員当選しました。上里町では一人落選という残念な結果でしたのでほっとしました。
今日は支部会議のあと夕方小川民報とたえこ通信を配りました。紫外線が強くなり昼間の外出が気になってきました。「ご用心」です。
4月、5月は各団体の総会のシーズンです。22日は八和田地区スポーツ愛好会の総会、23日は八和田地区愛育会の講演会と総会に出席しました。
by y_taeko | 2006-04-25 01:17 | 議員活動

6月議会まで充電です

昨日は八和田地区の菊花同好会の総会にお呼びいただきました。毎年商工祭や八和田地区の文化祭に丹精こめた菊の花を出品いただいています。
埼玉新聞で小川町のかんばつ材をつかって積み木を作り町内の保育園に配ったという記事を読み、その足で八和田保育園にうかがい実物を見せていただきました。
e0033569_10295399.jpg
手にとってみると杉の香りがしました。手触りや形など改善するところもあるかなという気がしますが、木材推進協議会を中心に、かんばつ材を使った製品の販路ができ、人の手が入り山が活性化していけばいいなと思います。
産業振興課で今話題の野菜「のらぼうな」と楽市おがわ、そしてかんばつ材を使った製品などについて話をうかがいました。町民課ではテレビや新聞などで最近特にとりあげられているウイニーを通してのウイルス感染による情報流失問題についてうかがいました。町では各課でインターネットにつなげているPCは1台。アドレスも1つだそうです。個人のパソコンの持ち込みはないということでした。また、持ち帰り残業がないわけではないけれど個人情報にかかわるものについては一切されていないということでした。
国保のペナルティの問題、ジェネリック医薬品についてなどもうかがいました。
みなさんは、「ジェネリックにして下さい。」患者が医者に向かってお願いする、そんなテレビCMをごらんになったことがありませんか。
「新薬」として最初に発売された薬は特許に守られ、開発したメーカーが独占的にその薬を製造販売することができます。これが「先発医薬品」です。
ところが20~25年の特許期間が切れると、他のメーカーも同じ成分、同じ効果のお薬を製造できるようになります。これが「ジェネリック(後発)医薬品」で、その価格は新薬の2~8割に設定されています。薬を処方する権利は医師にありますが、「ジェネリックにしてください」と患者側が医師に要望することができます。小川町の平成18年度の国民健康保険と老人保健の予算総額は約52億6000万円。薬価が抑えられれば、患者も負担が軽くなり、町も助かるのではないでしょうか。町としてどうするということはもちろんできないでしょうが、患者も選択ができるということが広く理解されればいいなと思います。
また、現在医療改革の中で混合診療が問題になっていますが、そのこととジェネリック医薬品が普及することとは別に考えるべきかと思います。
参考
医薬工業協議会
日本ジェネリック研究会
しんぶん赤旗記事
小池質問
いずれにしろ次の議会まで少しずつ勉強です。
by y_taeko | 2006-04-21 11:06 | 議員活動

小川町の宣伝です2

4月15日、小川町中心市街地活性化プロジェクトの一環で観光案内所「楽市おがわ」がオープンしました。駅を降りて歩いて2分。観光案内とともに、館内にはレンタルボックスが用意され町内の住民や事業者のみなさんが、手作りの作品を出店しています。売り上げの5%を管理者の小川観光協会に納めることになっています。休日は月曜日。木曜日は町の産業観光課の職員が交代で案内に立つそうです。まだスタートしたばかりですが、核となる地ができたわけで、今後の展開が期待されます。伺ったときは木曜日(20日)だったので町の職員の方がお店番です。近くの飲食店のおかみさんが案内チラシを店におきたいと訪れていました。商店街に動きが出ることはよいことだと思いますし役場の職員が交代で案内所に出ることは生の声が聞けていいことかなと思います。洋式トイレも設置されています。
電話0493-74-1515
e0033569_993174.jpg
e0033569_9101937.jpg

ひと息ついていただくために一杯のお茶の接待はできないか、ボランティアガイドを養成して観光案内に一役買っていただいたらどうだろう、荷物の一時預かりがあれば、レンタル自転車を用意して吉田家住宅や伝統工芸会館まで足を伸ばしてもらったら、小川町ブランドの加工食品などを開発して置けないかなど私も夢がふくらんできます。
by y_taeko | 2006-04-21 09:10 | 小川町の宣伝です
17日は地域の要望があり、役場に行きました。要望のあった箇所をデジカメに取り担当課に対応をお願いしました。できることできないことがあるでしょうが、住民のみなさんから要望があったものについては伝えるのが仕事かなと思います。
昨日は、来年度予定されているごみの有料化について担当課に話を聞きに行きました。
行財政改革の一環として平成19年度実施予定となっていますが、拙速であっては住民の皆さんの理解と納得が得られないのではないでしょうか。まずはごみの減量化を進めることが必要ではないかと思います。意見交換はできたと思います。今後も話をしていきたいと思います。
みどりヶ丘の学童保育「杉の子」にうかがい新学期の様子を見てきました。丁度低学年がおやつを食べているときに高学年が帰ってきて壮観というか、うーんこれはすごいなーというかイモの子を洗う状態だなと実感しました。
「雨の日に来てください」と指導員さんに言われましたが、雨でなくともすし詰め状態はよくわかります。入所者は69名。3月は80名でしたが新入生を迎えるため22名が退所したそうです。また、今まで定員をもうけていなかったのですが、70名定員と定めそれ以上は受け入れないとしたそうです。ぎりぎりのなかでの苦渋の選択です。3月議会でも取り上げましたが、子どもたちの放課後の安全と安心を保障するためにも今後も取り組んでいかなければならないと改めて思います。
今日は午前中たえこ通信と書きました。午後出かける予定がキャンセルとなり、たえこ通信9号を完成させました。明日から配布します。
by y_taeko | 2006-04-20 00:27 | 議員活動

夢を語ろう

昨日はりんりんパレードの応援のあと、先の選挙で当選したときがわ町の野原議員のご苦労さん会に行きました。20人ほどの人が集まり、雀川公園にビニールシートを敷き春の景色を楽しみながらバーベキューと焼きそばに舌鼓を打ちました。野原議員は、先日、「新ときがわ」で新議会の報告を新聞折込みをし、住民のみなさんの反応もあり、生活相談も寄せられているということで、はりきっていました。

午後はご案内をいただいていた「生ごみ資源化事業」の出資説明会に行きました。
小川町では特定非営利活動法人小川町風土活用センター(NPOふうど)を中心に、循環型社会をめざし、契約した家庭から出された生ごみを行政が農家に設置された実験プラントに運び、生ごみを発酵槽の中で液体肥料とバイオガスに変えるという家庭と行政と農家を結んだ事業が数年前から行われていました。住民の皆さんと行政が連携した先進的な取り組みとして多くの自治体が視察に来ていましたが、今回、本格的に「生ごみ資源化事業」として新しい発酵槽を建設するため、広く出資を求めるものです。
「この試みは農業の枠にとどまらず、小川町の経済全体を盛り上げていくことにもつながっていくでしょう」-NPOふうど説明文章よりー 
夢のある事業ですね。
by y_taeko | 2006-04-17 13:14 | 小川町の話題
15日は上里町の選挙のお手伝いに行きました。アナウンサーに穴が空いたということで急遽の呼び出し。定数6減のきびしい選挙です。夕方八和田区長会の総会と懇親会に出席しました。
今日はおがわ町9条の会有志のみなさんがりんりんパレードをするということで応援がてら「取材」に行きました。
みなさん思い思いのゼッケンをつけ、春たけなわパステルカラーに染まった小川の里をりんりんと自転車を走らせパレード。この日のために自転車を新調なさった方も。私は車で追っかけて写真をぱちぱちと撮らせていただきましたが、みなさん楽しそうで今度は自転車で参加したいと思いました。(これからも企画するそうです)
e0033569_1944475.jpg
e0033569_195550.jpg
e0033569_1953046.jpg
e0033569_1954753.jpg
e0033569_1972633.jpg

by y_taeko | 2006-04-16 19:03 | 平和と憲法

限界

10日は小川町の小中学校の入学式。花冷えの日があり、桜が入学式まで何とかもって満開。時おり桜の花びらが舞う中、八和田小学校に行きました。新入生は30人。1クラスです。11月の「七つのお祝い」行事のときと比べるとすっかり落ち着いていました。これから6年間心も身体も大きくなって欲しいと思います。
午後、比企議員団会議。夕方お呼ばれ。気の置けない方たちとおしゃべりとおいしいワインを楽しみました。
昨日は小川小学校区にある学童保育「風の子」に行きました。議会報の私の原稿に添える写真を撮らせてもらいました。現在入所の子どもたちは74名。新入生を受け入れるため21名やめてもらったということです。八和田小学校区の子どもたちは学童開設まで4月から星の子(東小川小学校区)に間借りです。半年でもそうしないと新入生が受け入れられない。大変な事態です。
新1年生が27名入所。1・2年生で40名になるそうです。待機のお子さんが2名。指導員は7名。6人体制で子どもたちをみていますが、伺ったときも子どもたちはエネルギーのかたまりで走り回っていました。低学年の子どもが多くて大変そうです。これ以上の増設は難しく第2風の子が早急に必要だと改めて思います。(杉の子も同様です)
e0033569_752302.jpg
by y_taeko | 2006-04-13 08:30 | 議員活動

長生きを喜べる政治を

地元の長寿会の総会にお呼びいただきました。
総会のあと懇親会に参加しましたが、「たえこ通信読ませてもらっているよ。」と何人かの方に声をかけていただきました。「ミニデイがなくなってつまらない。膝が痛くて大した運動はできないけれど、ミニデイに行くと貼り絵をしたり折り紙を教えてもらったり、軽い運動を教えてもらったり。友達もできたのに。私は家族と一緒だけれど一人暮らしの人などどうするんでしょうね。」と訴える方があり、軽い脳梗塞の後遺症があり、ミニディはリハビリ代わりだったという方もいらっしゃいました。ミニディは地域支援事業に振り替えるということですが、まだ具体化されておらず楽しみにしていたものがなくなってしまった不満が残ります。
「高齢化」だからと年を取ることを喜べない環境に追いうちをかけるように、高齢者福祉がどんどん削られていきます。どうしてこんなにみなさん我慢していらっしゃるんだろう。今の日本の発展に寄与してこられたのはみなさん方なのに。話をしながら国や町の姿勢に納得できず涙ぐんでしまいます。
夜、比企議員団と埼玉土建比企西部支部の役員さんとの懇談会がありました。建設職人さんのおかれている現状について生の声を聞かせていただきました。
by y_taeko | 2006-04-07 23:56 | 議員活動

時間短縮に努めます

今朝は新しい地域で日刊紙を配ることになり、その初日でした。一応担当の方とあらかじめご一緒し下準備をしたはずなのですが、近道したつもりがしっかり道を間違えぐるぐる回って無駄な走行をしてしまい、朝4時過ぎに家を出たのですが、家に帰りついたのは7時過ぎでした。トホホ。
小川町はひろーい。イメージトレーニングをして、効率化に努め時間短縮しなければと思います。
今日は所要で東京に出ました。桜が散り始め薄緑色の葉が萌え出ています。
東京は、おばさんには疲れるけれど、でもやはり魅力的な街です。はるか昔を思い出します。
by y_taeko | 2006-04-06 23:50 | 議員活動