2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2008年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「都市鉱山」が最近クローズアップされていますが、以前から取り上げようと気になっていた入れ歯リサイクルについて小川町でも検討してもらいたいと要望書を提出しました。
「うーん入れ歯かぁ・・・」少しひくところもあったのですが、調べるほどにその趣旨に賛同するところとなりました。レポートをご覧ください。

後期高齢者医療制度の説明会が1月16日から25日の間に町内7か所で行われました。
私も24日、地元の八和田地区で行われた説明会に参加しました。比企地域で説明会を開いているのは小川町だけでしょうか。決定されたことは住民のみなさんに説明したいと町民課長が約束していました。

対象となるおよそ3700名の75歳以上の老人保健受給者と家族すべてに制度の内容を記した説明会の案内を送付した結果、674名(約2割)の参加者があったということです。徒歩や自転車で来場された方も多く関心の深さがうかがえました。

パンフレットが配布されパワーポイントによる説明のあとの質疑応答では制度に対する怒りの声や自分の保険料は一体いくらになるのか、制度そのものが分かりにくいのでもっとわかりやすく説明してほしいなどたくさんの声が上がりました。他の地区に参加された方の話を聞いても制度がよくわからないといった声が多かったようです。

「出された皆さんのご意見は広域連合にすべて伝える」と課長も答えていましたが、矢面に立つ担当課もつらいところだと思います。
by y_taeko | 2008-01-29 00:28 | 調査・研究

毎日寒いですね

今日(26日)は午前中小川町平和のための戦争展の実行委員会に出席。今年で4回目。
08年のテーマは「戦争は昔も今も」
時代や環境は大きく変わっても、戦争をしようとする人間のねらいや戦争の本質は変わっていません。そのことを事実で示し、武力では真の解決が不可能であることを「戦争展」と通して多くの人たちと共有します。6月下旬に開催予定で進んでいくようです。

午後しんぶん赤旗の購読のお願いに行きました。後期高齢者医療制度については怒りの声がありました。
23日に衛生議会で行った東京たま広域資源循環組合視察研修レポートをまとめました。28日に提出したいと思います。
(途中で寝てしまい送信が遅れました)

More 視察研修レポート
by y_taeko | 2008-01-27 16:01 | 議員活動

小川民報を発行しました

16日議会報最終編集会議。
17日、18日と一泊で西部地区町村議員団で新年会。現職以外の議員も集まり旧交を温めました。西部地区では、嵐山町を除きすべて一人議員となりました。
今日は10時から浅見議員と街宣。車の中から手を振って下さったり「がんばって」と声をかけていただきました。夕方おがわ町9条の会の新年会に参加。
小川民報を発行しました。
by y_taeko | 2008-01-19 23:53 | 議員活動
暦の上では今日が成人の日ですが、小川町では一足早く、昨日成人を祝う式典が開催され500名を超す若者が新成人として第一歩を踏み出しました。今年は総選挙が予想される年です。国の主権者として1票を行使するはじめての選挙になるのではないでしょうか。「君たちが希望の持てる未来を目ざし一緒にがんばろうね」肩をたたきたいおばさんです。
e0033569_22585190.jpg


公務として式典参加の案内をいただきましたが、例年式典が始まるに前におがわ町9条の会で「9条の会だより」を新成人に向け配布しています。今回も会場である町民会館前で、10人の役員・会員の皆さんと一緒にビラまきのお手伝いをさせていただきました。
昨年に比べると受取ってくれる子(失礼)は増えたような気がします。(振り袖姿のお嬢さんはしまうところがないとまず受け取ってくれませんでしたが今回は受取りたたんで小さなポーチに入れてくれる子もいました)

会場を見れば統計上の成人の数は昨年とそれほど変わっていないものの空席があり、参加者全体の数が減ったような気がします。女の子を持つ親にとっては振袖を購入するにしても借りるにしても多額の費用が必要です。用意できないご家庭ももしかしたらあったのでしょうか。

来年、娘が成人式を迎えます。頻繁に晴れ着のレンタル、購入案内のダイレクトメールや訪問を受けていますが、その金額の大きさに驚きます。成人式に参加するお嬢さんの9割以上が振袖姿という現実をを見ると無理をしても・・・親心としては切ないですねー。

今日は支部の方と一緒に街宣。声が聞こえたからと犬の散歩がてら出てきてそばで聞いて下さったり、畑に出てたら声が聞こえてきたからと手を休め街宣が終わると拍手して下さる方がいました。ありがとうございました。
by y_taeko | 2008-01-14 22:51 | 小川町の話題

やっぱりおかしい

今日は浅見議員と街宣。遅くなるほどお天気が悪くなるということで10時から開始。1時半、遅いお昼を一緒に食べ、しばしおしゃべり。

世論調査でも海上自衛隊がインド洋での給油活動を再開する新テロ法案に反対する国民の声が多かったのに、参議院で否決された新テロ法案が昨日衆議院で自民・公明賛成多数で再議決されました。「衆議院の優越」があるにしても、何が何でも数の力で押し通す。国民の意思よりアメリカの意向を重視する。議会制民主主義を踏みにじるものです。

民主党の小沢代表は衆議院本会議での採決直前に退席し棄権しました。え~、どうして?
野党第1党の党首として無責任な態度です。参議院選挙で民主党が伸びたのは新しい政治を求める国民の声があったからではないでしょうか。連立騒動でもそうですが、本来「対決」すべき相手と手を組もうとした民主党。国民の信頼を裏切る小沢さん、やっぱりおかしいよねー。
by y_taeko | 2008-01-12 21:45 | 街宣がんばろう

声の広報おがわ

昨日今日と会員である朗読ボランティアあじさいで小川町広報「お知らせ版」の吹き込み・ダビング作業を担当3人で行いました。

以前はカセットテープでの吹き込みだけだったのですが、時代の要請かカセットテープへの吹き込みとともに視聴覚障害者の使い勝手を考えた新しい機材(プレクストーク)に対応するCD(ディジー図書)へ書き込むためパソコンで編集する作業が加わりました。

カセットテープのダビング作業とCDへの編集作業と並行して行うため、編集作業に習熟した人の負担が増えているようです。吹き込んだ声を聞きなおすと相変わらずへたくそです(T_T)。年に何度か当番で回ってきますが広報を読む仕事は議員としても勉強になります。

図書館にもダビングテープが2本用意されています。一度テープで「声の広報おがわ」を聞いてみませんか。

午前中は議会報委員長、副委員長の打ち合わせ会議がありました。
by y_taeko | 2008-01-11 22:23 | 小川町の話題
今朝は9日。「おがわ町9条の会」恒例の早朝9の日行動に参加。駅頭で会報(たより23号)を配りました。11名が参加しました。
おがわまち9条の会のホームページができました。ブルーを基調にすっきりとまとまっています。これから充実していきたいとの管理者の弁です。
by y_taeko | 2008-01-09 17:30 | 小川町の話題

団結

国の責任を明記した薬害C型肝炎被害者を一律救済するための議員立法による法律案が衆議院を可決しました。
被害者の方たちが、「お金の問題ではない。被害者を選別し、線引きをしするやりかたはきっぱり拒否。全員一律救済でなければだめだ」と命を削りながら闘ってこられたことが、この結果につながったのだと思います。
「団結」ということばをあらためて実感します。

今日は終日議会報特別委員会。12月議会報の編集作業です。改選後の9月議会から議会報特別委員会の委員となりました。限られたスペースに議会の審議内容などわかりやすく住民の皆さんにお知らせするという作業はむずかしいです。
by y_taeko | 2008-01-08 23:15 | 議員活動
今日は午前中支部会議。午後、民報の編集会議。思い切って字数をなるべく抑え、内容も少し変更し、より読みやすいものにというコンセプト。来週発行です。
by y_taeko | 2008-01-07 23:44 | 議員活動
4日は、ときがわ町議の野原さんと東秩父村議の浅見さんと3人で午前10時から1時間の昼食休憩を取り午後4時まで3つの行政区にわたり新年の街宣。

車から手を振って下さったりパッシングで合図して下さったり、高齢者の方が連れ立って出てきて演説を聞いてくださいました。ビラを配布していると外に出て聞いてくださっている方がいらっしゃりこちらのほうが元気をいただきました。

東秩父村議の浅見さんとは参議院選挙の取り組みの時から毎週土曜日、二人で街頭から共産党の政策について訴えました。新年を迎えまた復活させようねと1月から始めます。小さな力かもしれませんができることをやりたいと思います。

今日は埼玉会館で行われる埼玉県委員会、後援会主催の「新春のつどい」に行きました。衆議院比例予定候補の決意表明と政策委員長の小池参議院議員の講演を聞きました。
小池議員は、元旦の日刊紙の志位委員長と財界の重鎮であり経済同友会品川終身幹事との対談を紹介しました。品川氏は、

資本主義のシステムも行き着くところまで来ており、自分では日常使わない言葉だが、「新しい社会主義」ということを考えざるをえなくなる。それは日本共産党のいうようにソ連型ではないそのことを考えることが、非常に必要である。

と述べていますが、小池氏は、本家本元の日本共産党、その党員である私たちが二十一世紀を、資本主義をのりこえた新しい社会への世紀にしていくことを大きく展望しながら、運動を進めていくそのことに確信を持つことであると述べていました。

資本主義の枠の中でも、人間が人間らしく生きられる、そういう経済社会は可能です。参議院選挙で国民の皆さんが望んだ新しい政治の流れを進めることは必然なんだという確信を得ました。
e0033569_0385034.jpg
e0033569_0392087.jpg

by y_taeko | 2008-01-07 00:45 | 街宣がんばろう