2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2008年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

農業祭に行きました

晩秋。里山はそろそろ冬支度。
e0033569_21484217.jpg

11月23日、小川町農業祭に行ってきました。
e0033569_225344.jpg

埼玉伝統工芸会館の前庭広場で小川町の新鮮野菜や手作りまんじゅう、切り花や木工製品などが販売されました。

写真は、農産物の品評会(東松山農林振興センターで選考)に出品され入選した優秀賞レベルの農産物の販売風景。数十種類の農産物が所狭しと並びました。

主催者の方に伺うと12時からの販売に、朝8時から配布される整理券を得るために並ばれた方もいらっしゃったそうです。
50人づつ区切って入場し10分間の持ち時間で野菜5点が購入できます。
みなさん時間がくるまでどれにするか周りでじっくり吟味。オープンと同時にお目当ての野菜に突進です。

私は米粉で作ったピザの無料試食会に並んで試食。手作り饅頭とつるrで作った花かごと今小川町で売り出し中の孔雀草を買いました。
e0033569_236489.jpg


帰宅後支部の事務所を整理し、新たに仕切りなおして衆議院選挙に臨みます。アツアツのうどんで力をつけて新聞の購読のお願いに行きました。

今日は議会報の編集会議でした。午前中に議会運営委員会が開催され12月議会の日程が決まりました。2日開会で12日が最終日です。私の一般質問は4日の10時からです。
by y_taeko | 2008-11-25 23:19

政治を身近に

今日は(もう昨日でした)会議が2つ。
「日本共産党はいいところですよー」志位委員長が党創立86周年記念講演で述べていましたが、政策の宣伝方法も多彩に。DVDをお手元に。たくさんの方に日本共産党を知っていただきたいと計画しました。

「日本共産党は真面目なんだけどいまいちダサい」。ある意味では「褒め言葉」ととらえてはいますが、それだけでは今の時代どうなんだろうと・・・。メディアを使った宣伝戦の時代ですから。
でも、若い人は意外(失礼)と真摯に物事を見ているんなー。世の中捨てたもんじゃないなーと思います。日本本共産党のホームページもありますが、こんな取扱いも〇かなー。10月7日の志位質問には私も書き込みをしたくなります。「志位 、かっこいいー(^。^)y-.。o○」と。

米国発の金融危機が広がり、景気悪化が深刻になるなかでの大企業による首切りが計画されています。「人間を景気の『調整弁』のように使い捨てにしていいのか」「雇用を守り、社会保障をよくする。消費税増税に反対し、庶民減税を求める国民的大運動をおこそう」志位さんの呼びかけが光ります。
by y_taeko | 2008-11-23 01:53

議会報の研修でした

議会広報の研修視察で静岡県の吉田町へ行ってきました。
小川町と同じ奨励賞を受賞したところです。周りを山に囲まれた盆地に住む私たちにとっては前面に広がる大海原と富士山。何よりの目の保養です。

議会報特別委員会正副委員長をはじめ2人の委員さんが応対していただき、お忙しいところを予定より1時間近くオーバーして意見交換をさせていただきました。
「住民と議会の距離をいかにちぢめられるか」「いかに手にとって読んでもらえるか」
お互いに共通の課題や悩みを抱えながら毎号取り組んでいるんですね。
by y_taeko | 2008-11-21 23:15

一般質問発言通告を提出

一般質問を提出。8番目でした。今回は10人の議員が質問書を提出しました。
天気予報によると小春日和も今日まで。明日から寒い日が続くようです。
by y_taeko | 2008-11-19 00:13

あー

質問事項は6つも7つもあるのですが、1時間15分の持ち時間では間に合いません。
テーマを4つに絞り通告を書き始めました。明日が締め切り。思っていることをぐちゃぐしゃと書きなぐり最終的には3分の1ぐらいに推敲したつもりが駄文になってしまうのか。
いつも「悩みまくり」です。
夫に厳重に注意されているにもかかわらずまたまた「独身男性の部屋」になり始めています。

麻生内閣の支持率が30%を割りました。また総裁選?自民党内部でささやかれはじめているようです。
by y_taeko | 2008-11-17 22:04
15日、埼玉新聞主催で、「第1回ふるさと元気‘再”発見21」In小川町として講演、パネルディスカッションが行われました。
毎月第3土曜日に行われる「はつらつ朝市」をのぞいたあとリリックで行われた催しに参加しました。パネリストは小川町長の他、小川町在住で活躍する若い世代の起業家や経営者。まちづくりについての思いなどが語られました。

和紙や酒造、絹製品、県下屈指の繁栄を誇った戦前の小川町については「新住民」の私は、写真などで当時の栄華を知るだけです。でも、縁あって自然豊かな小川町に家を持ち、3人の子どもをのびのびと育てることのできたこの町は、子どもたちにとっては大切なふるさとであり、いつか帰ってくるなつかしい場所であってほしいと願っています。

お隣の寄居町とともにホンダ技研が新たな生産拠点として来年にはエンジン工場が始動し、県内の注目をあびることとなっていますが、従来からの和紙や木工など伝統産業とともに豊かな周辺の森林資源、全国的にも知られる有機農業や環境を中心とした様々な実践活動や市民活動など人材の層の厚さなど可能性に満ちた町です。

我が町を様々な立場の人が様々な形で語る機会がもっともっと増えていけばいいなと、そしてそんな方達の意見に議員としてはしっかり耳を傾けていかなければと改めて思いました。

今日は東秩父村の浅見議員と浦和で開催された介護保険を考えるつどいに参加しました。介護保険の問題については議員としても「ライフワーク」にしています。来年からの「改正」。制度のあり方や県の取り組みなどについて学び意見交換してきました。

行きは高速を使いましたが、帰りは一般道で2時間かかってしまいました。それでも3人の子持ち同士、おしゃべりには事欠きません。
by y_taeko | 2008-11-16 22:27

ご無沙汰しました<m(__)m>

一休みが長かったです。ほぼ2カ月ブログから遠ざかっていました。季節は晩秋。里山も「赤や黄色に織る錦」です。
この間小川民報を2回(9月議会報告10月号)たえこ通信2回(No22N023)発行。町内の行事や勉強会、街宣や政治活動など忙しく過ごしておりました。Sadaさん始め何人かの方にご心配をおかけしました。またぼちぼちと再開させていただきます。

また議会が始まります。先日衛生議会の通告を提出(11月27日開催)し、12月2日の定例議会に向け一般質問の項目をまとめ中。18日が締め切りです。(T_T)

定額給付金が物議をかもしています。野党からも与党内からもマスコミからも・・。「追加経済対策」の目玉として出された定額給付金ですが、世間の目は選挙向けのバラマキだと見破っています。3年後の消費税増税とセットでは給付金はもらうけど政策は評価しないが6割に達しています。その上所得制限はどうするのか、支給方法などは自治体まかせ。「地方分権だから地方が考えればいいと」と麻生さんがインタビューに答えていましたが、国に都合のいい時だけ地方分権。丸投げされた自治体も困りますよねー。膨大な事務量や経費はどうするんでしょうか。


日本共産党は、人間らしい雇用のルールをしっかり作る。安定した雇用を保障する。中小企業や農業の応援をする。社会保障の拡充をはかる。庶民の皆さんへの消費税増税はやめて減税を進める。こうやって国民の暮らしを応援し、家計を応援し、内需を活発にしていくような政治に転換し、日本の経済を土台からしっかりさせていくことが今求められていることだと主張しています。2兆円のばらまきは白紙撤回するしかありませんね。
by y_taeko | 2008-11-15 10:04