2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

<   2009年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

今日は衛生議会の一般質問の締切日でした。前からわかっていることでしたが、結局締切日の午前中になって質問を書きあげ提出。
午後は生活相談で相談者と同行して何か所か回り、夕方笠原前町議としんぶん赤旗のお勧めに行きました。

昨日、日刊紙に「ほほえみりんご」のチラシを入れ今日は日曜版にもチラシを折り込みましたが、チラシを見た方から早速注文が何件もありました。ありがとうございます。

青森県のリンゴ農家の窮状については、今日NHKの「ご近所の底力から」でも放映されました。リンゴ農家の苦悩とたくさんの人達温かい連帯の気持ちがホロっとさせます。

今日の志位委員長の代表質問は見逃してしまいましたが、中央委員会のホームページで配信されていました。ぜひご覧ください。志位さん、力が入っています。
by y_taeko | 2009-01-30 23:25

職業病か?

最近右手首が痛いんです。
今日も街宣でしたが、考えてみるとマイクをいつも右手で握りしめ親指に力が入っています。スイッチは入っているのですから力を入れる必要はないのですが、結構緊張しているんだなと思います。そういえば街宣の翌日は肩ががちがちになっているし、駅頭ビラの翌日は肘が痛い。

昨日の麻生さんの施政方針演説を見ましたが、家計がなぜ冷え込んできたのか、どうすれば家計を温めて消費の安定を図れるのか。「小泉改革」以来の貧困と格差を広げてきた反省がありません。心に響かないのです。

今日のしんぶん赤旗を読んでいたら囲み記事の中で「『議員力』とはなんだと考えるか」との問いかけに、小池参議院議員が「痛みのわかる心」と答えたとありました。・・・自分の思いを演説にまとめてお話させていただきました。

日本共産党の議席を増やしたいと思います。小川西支部の取り組みです。
by y_taeko | 2009-01-29 21:03
昨日は本多町委員長と恒例の民報の駅頭配布。2日続けての早起きです。12月から3月頃までは辛いですね。手はかじかんでビラを渡す手の感覚がなくなり足もとからゾクゾク。
早朝宣伝の時は5時半起きですが、通勤通学の皆さんは毎日ですからね。ご苦労様です。家に帰ると朝風呂で温まります。

「朝風呂」後、地域で民報を配布。12月忙しくてできず2か月分をまとめて配っています。やっと半分終わりました。

夜、戦争展の第1回の実行委員会が開かれました。今年で5回目。「小川町の戦争展」として定着してきました。これから半年間をかけて知恵を出し合い良いものにできればと思います。

今日は街宣。昨日2次補正が可決しましたが、演説原稿に手をいれ日本共産党の考え方をお話ししました。午後から静岡県新居町の議会広報調査特別委員会の視察がありました。委員長以下全員でお迎えし意見交換させていただきました。
by y_taeko | 2009-01-28 20:33
水嚢(すいのう)ってご存知ですか。
エゴという木の枠木にしの竹をさいて編み込んで作った竹ざるです。うどんやそばなどの水切りとして昔から使われてきました。
e0033569_20354265.jpg

小川町ではその手仕事を継承する方が1軒となっています。ちょっとしたご縁でその水のうを手にすることになり今回ちょうど作業されているところに出会いました。
e0033569_2038277.jpg
e0033569_20404566.jpg

お話を伺っている間にも手はさくさくと動き20分もすると枠木に見事な手さばきで竹ざるが編みこまれました。「子どもの頃から教えられ途中中断はあったけれど「手」が覚えているのよねー。」一日に20個から25個作られるそうです。製作者がいなくなったこともあり注文にもなかなか応じられないとか。

小川町ではこの方の後を継がれる方はいないということです。「芸術品」であれば何らかの形で残ることもあるでしょうが生活用品の一つであり、生活の糧としていくには自分で最後でしょうね。 とおっしゃっていました。代々続いてきた手仕事がなくなることはさびしいことだと思います。

昨日はおがわ町9条の会の新年会。会には本当に多彩な方達が参加しています。会員数は400名をゆうに突破しています。30名ほどの方たちが参加されましたが、意見交換では話が弾みます。今年はどんな取り組みがされるでしょうか。できる限り参加させていただきたいと思います。

今日は本多町委員長や支部長とともに駅頭での早朝宣伝。派遣切り、雇い止めについて共産党の政策ビラに若い人の受取がよかったような気がします。午後しんぶん赤旗のお勧めに行きました。
by y_taeko | 2009-01-26 20:54

生きるということ

このところ葬儀が立て続けにありました。
高校時代の恩師がつい先だって70歳でなくなりました。お世話になった方のお父様が94歳でなくなり今日は46歳で亡くなった方の葬儀に行きました。

残された人にとって命の長さはたとえ長寿と言われようともこれで十分であるわけはありません。まして46歳という死はどれほど心残りだったか残された奥様や子どもさん達の無念さはいかばかりかと顔を見ると胸が詰まりました。
生きる、生きている重みが「ずん」ときます。

平和な時代の中での「死」ですが、ガザではいたいけな子どもたちや女性、高齢者が生きられるべき命を踏みにじられています。人間は不遜でおろかです。

午後、おがわ町9条の会のタペストリー作りへ。9条の会女性役員の発案で、憲法9条全文を布に書き写し、刺繍のチェーンステッチで復元する。一枚の布をいくつも分割してたくさんの人に呼びかけて刺してもらい縫い合わせタペストリーにしようというものです。すごーい。 

私は割り当てて頂いた布に向かって悪戦苦闘、「畳職人」のように下から上へ針を突き刺していましたが、それでも7、8人集まっておしゃべりしながら楽しい時間を過ごしました。
5月の憲法記念日までに完成しようとと目標を立て、私も足を引っ張りながらお手伝いできればと思っています。 
e0033569_0222315.jpg


夕方、八和田地区補導委員会の新年会にお招きいただきました。
by y_taeko | 2009-01-24 22:56

演説がんばろう!

午前中は笠原前議員と街宣。
基本的な共産党の政策や今何が争点か、毎日の「しんぶん赤旗」を読めばわかります。でも理解することと理解したことを自分の言葉であらためて皆さんにどうお話するのか。いつも悩みまくりです。自分なりに原稿を書くのですが、お話していると頭の中が真っ白になり、用意した原稿を離せません。

今日は演説中に年配の方が、弱い立場の人たちが生活が成り立たなくなってきたことについて「『自己責任』という言葉で自分たちが努力してこなかったのが悪いんだという風潮があるのはおかしいですよ」と話しかけてこられました。笠原さんが応対されていましたが、演説が終わって立ち去っていかれるその方を追いかけて、ぜひ日本共産党の考えを読んでくださいと以前に発行された日曜版をお渡ししてきました。

つたない演説でもお話ししていると結構話しかけてくださいます。生の声を聞ける機会です。

小川民報を発行しました。
by y_taeko | 2009-01-22 22:57

旗開きに行きました

19日には比企地域地区労、昨日は比企労連の新年会にお招き頂きました。
e0033569_12512992.jpg

息子達もお世話になったなかよし保育園分会では毎年手作りの工作を使って出し物がありますが、今年は獅子舞。段ボールの獅子頭に噛んでもらい今年一年の健康を願いました。

テレビ東京の「カンブリア宮殿」ご覧になった方はいらっしゃいますか。
最近共産党がマスコミに取り上げられることが多くなりましたが、今回はまるまる1時間、共産党の特集。志位委員長をスタジオに招いてのトークと活動の様子や中央委員会本部にテレビカメラが入り紹介されていました。

「コックさんまで共産党員です」というナレーションには笑ってしまいましたが、まだまだ世間一般では共産党というのが何か特別な人たちの集まりだというイメージがあるんだー。
議員団会議でもこの番組について話題になりました。

2月7、8日に埼玉県小鹿野町で「全国小さくても輝く自治体フォーラム」が開催されます。今回は埼玉県でも開催されることでもあり議員団で参加することになりました。浅見議員の話によると東秩父村では村長以下職員の方数名が参加されるということです。

全国町村会では道州制の導入に対して「国土の多様な姿に見合った多彩な基礎自治体の存在こそが地方自治体本来の姿」との特別決議が挙げられています。しっかり勉強してこようと思います。
by y_taeko | 2009-01-22 13:33
19日、日本共産党西部地区町村議員団(小川町、嵐山町、滑川町、ときがわ町、東秩父村、吉見町、鳩山町、越生町、毛呂山町の九か町村の議員で構成)は、ホンダ進出について小川町と懇談を行いました。

 寄居工場の稼働延期や小川町のエンジン工場の操業について近隣地域の住民や自治体の影響は大きく出来るだけ詳細な情報を聞き、今後の参考にしたいとの趣旨からです。なお懇談には日本共産党の衆議院議員比例候補の伊藤岳氏も同席しました。
e0033569_1012419.jpg

e0033569_011205.jpg
e0033569_0114620.jpg


 現在検査中で工場内には入れませんでしたが、懇談後工場を案内していただきました。工事はほぼ完成し二月中に引き渡される予定です。
 懇談の主な内容は、(1)ホンダの経営状況・方針について(2)小川町の新工場の状況と今後の稼動予定について(3)町のホンダに対する雇用政策について(4)税収の見込みについてなどです。

 町の説明によると、小川エンジン工場については本年七月から段階的に生産が始まります。生産されたエンジン部品などは寄居工場稼働までは当面埼玉製作所(狭山工場)に提供されますが、就業人員は現在の段階では不明です。

 エンジン工場の採用は全国展開であり、当初から「小川町枠」といった特別な雇用は期待できず、関連企業でおこなう福利・厚生部分(社員食堂、売店運営、独身寮運営など)での雇用が期待されていました。昨年の九月には、町広報にスタッフの募集広告がありましたが、現在の採用状況については町は把握していません。また固定資産税は、課税対象となるのが十二月末までの操業であり、H21年度の予算には織り込まれず、H22年からの課税となります。
 ひばり台地区には七月に操業開始になるエンジン工場とホンダトレーディング新小川工場以外に、ホンダ開発、ホンダロジステックが進出予定ですが、寄居工場の稼働と連動しており建設などは未定です。

 原副町長は「ホンダとは長いおつきあいとなるわけであり、相互の信頼関係が大切である」と語りました。ホンダ進出では小川町でも上下水道や道路整備など環境整備が行われています。税収増、関連企業での採用など期待されていたわけであり、町として積極的に情報を収集し、住民要望等も伝えていく必要があります。
by y_taeko | 2009-01-20 00:13

成人おめでとう

小川町では11日に成人式の式典が催されました。小川町9条の会では、毎年恒例で会場のリリック前の広場で9条の会ニュースを新成人に向け配布します。
今年は娘も晴れて成人の仲間入りとなりました。同級生や送ってこられた父母の方たちに久しぶりにお会いしました。今年の新成人は529名。式典には431名が参加されたということです。大変な経済状況の中の船出ですが、幸いあれと祈らずにはいられません。
e0033569_1181127.jpg

10日は、西部地区の町村議員団が中心で呼びかけ総勢60名。大型バスを仕立てて大宮ソニックで開催される新春のつどいに参加しました。広井さんのお話の内容も心打たれました。
by y_taeko | 2009-01-13 01:23
夫に「仲がいいネ」と言われたからだけではありませんが、個人的な思いとして西部地区の町村議員団でホームページが開設できればと考えています。

 国政を語るにしても、「日本共産党はこんなことを考えてますよ。こんなことを取り組んでいるんですよ」と住民の皆さんに身近に感じていただけるのは、私たち町村議員を通してお知らせすることが大きいと思うからです。

議員団会議で各自治体の抱える問題点や課題について意見交換をします。皆それぞれの自治体で地域新聞(民報)を出して頑張っています。共同で情報発信できればいいな・・・今年の課題にしたいと思っています。

昨日は議会報の編集作業の後編集委員のみなさんと議会事務局の皆さんと新年会。自分自身の勉強のためと編集委員に手を挙げたのですが、議会で審議された内容をいかにわかりやすく住民の皆さんに提供できるのか、日々勉強です。

今日は生活相談で少し時間を取りました。役場担当課にご一緒し、話を聞いていただきました。
生活が大変な方のために、小川町でも様々な制度が用意されています。
それに息を吹き込むのは私たち議員の役割であり、知恵を出して頂くのは役場の職員の方々なんだと温かいものをいただいた連携でした。

我が家の門先の蝋梅が咲き始めました。
e0033569_2326158.jpg

by y_taeko | 2009-01-08 23:12