2003年8月から埼玉県小川町で議員をしています。(2期目です)所属は日本共産党です。活動日誌をごらん下さい。ホームページも合わせてご覧下さい。


by y_taeko

行事がW。

e0033569_0224936.jpg
2日目は全大会。長野市内のエムウエーブで開催8600人の参加でした。9条の会の呼びかけ人の一人であり、作家の澤地久枝さんが、「地球の母であること」と題して記念講演を行ないました。小柄で体力にも恵まれない澤地さんですが、その体のどこにエネルギーがあるのだろう。「凛として」ということばは澤地さんのためにある言葉だと思います。
第1回母親大会に雑誌編集者として参加した24歳当時の思い出や歯に衣着せぬ小泉批判。わが子を大切に思う世界中の母の思いはひとつであり、国境を越え平和のために砦を築いていくことの必要性を説きます。
戦後60年、「個」として平和に対しての認識を持ち、平和を守ることが自分の志であり、誰もそれを奪うことはできない、人殺しはしない、戦場には行かないときちんと述べることのできる子どもを、私たちは育ててきただろうか、もしかしたらそれが足りなかったのではないかという疑問を投げかけられました。
だからこそ、その覚悟を持つ子ども達は、私たちが、命がけで守っていく、そしてそのための人の砦をつくること、その決心をこの場で確認し合おうと呼びかけました。
各地の代表による構成劇も見たかったのですが、6時からあやべさんの演説会があるので、2時過ぎに会場を後にしました。

40名余りの方が参加し、あやべ澄子さんを迎えての演説会でした。小川町では、あやべさんは初デビューでしたが、また機会があれば参議院選挙前に来ていただきたいと思います。
今、国民を苦しめている自・公、小泉内閣の「改革」の中身について、国政の問題、教育の問題、平和の問題。2大政党制とマスコミがもてはやす中で、日本共産党の国会議員がたとえ数の上では少数でも綿密な調査と論戦で国会をリードしてきた役割、なぜ今共産党なのか。
やさしい語り口の中にも、的確な指摘と問題の解決策を提示され、聞いていた方がとてもわかりやすかったとおっしゃっていました。
e0033569_0475034.jpg

今日は生活相談がありました。夕方街宣。
by y_taeko | 2006-07-25 00:49 | 講演を聞いて